長居公園 - NAGAI PARK -

PARK TRIVIA公園探索

公園探索

 園内マップをご覧になりたい方はこちら


知っていると面白い。でも、知らなくても困らない・・・。
そんな雑学と言うべき長居公園についての愉快な知識を好奇心のおもむくままに集めてみました。
「へぇ~」と感心したあとは、長居公園で実物を確かめてみてください。


大阪府「みどりの百選」に選定!
1大阪府「みどりの百選」に選定!

「大阪みどりの百選」は、1990年に開催された国際花と緑の博覧会を記念して、大阪府が府民投票により府内の自然名所100ヵ所を選出しました。その1名所の証です。


四角く見えても三角点とは・・・
2四角く見えても三角点とは・・・

「三角点」は、三角測量に用いる際に、地球上の位置(緯度・経度・標高)の基準となる点のこと。地図作りや地震調査研究などの測量の基準となるものです。


びしょ濡れの友情!?
3びしょ濡れの友情!?

噴水の中央ではしゃぐ少女たちの像。大阪市の姉妹都市であるロシア連邦のサンクト・ペテルブルグ市から寄贈された「友情の像」で、両市間の友情の象徴です。二人はびしょ濡れでも、友情に水は差しません。


カラダの硬~い、ラジオ体操大好きキッズ!
4カラダの硬~い、ラジオ体操大好きキッズ!

雨ニモマケズ、風ニモマケズ、連日ラジオ体操に勤しむ一人の子ども・・・。じつはこれ、ラジオ体操制定50周年を記念して建立されました。毎朝大勢の方がラジオ体操をされています。


モニュメントは寺の山門!?
5モニュメントは寺の山門!?

見上げるほどの高い柱と球体のモニュメントは、イスラエルの彫刻家ダニ・カラヴァン氏の作品。高い柱は寺の山門であり、球体は日の丸と球技をイメージしているそうです。


メダリストの手形を発見!
6メダリストの手形を発見!

元マラソンランナー土佐礼子氏の世界陸上競技選手権大阪大会銅メダル獲得を記念して、聖火台をイメージしたモニュメントが設置されています。土佐礼子氏の手形もあり、見物がてら手を重ねる人もチラホラ。ちなみに当時、本日は「どうして足じゃなくて手形・・・」と漏らしていたとか(苦笑)。


あの感動を再び!世界陸上の記念碑
7あの感動を再び!世界陸上の記念碑

世界陸上競技選手権大阪大会の植樹記念碑。選手名と記録が記され、金メダリストたちによる植樹により、地球環境保全という理念が大阪に根付くことにお願いが込められています。


長居プールの設計者は、あの有名な建築家!
8長居プールの設計者は、あの有名な建築家!

コンクリートや勤続の質感を活かした建物で、水をテーマとした波型の大きな屋根が印象的です。建築界の巨匠・黒川紀章氏による作品です。


9.15周で42.195kmのフルマラソン!
99.15周で42.195kmのフルマラソン!

大阪市内で人気のランニングコースといえば長居公園。15周でフルマラソン(42.195km)とほぼ同じ距離を走ったことになります。距離表示の石があるので走った距離がわかりやすいです。


えっ、長居公園は元競馬場!?


えっ、長居公園は元競馬場!?

1948年、現在長居公園のある場所に競馬場がオープン。2年後には競輪場も設置されました。出だしは好調でしたが、競馬は競輪に客足を奪われ廃止。その後、1959年から公園としての本格的整備に伴い、競輪場も姿を消しました。